週末練習(冬季トレーニング)

12月に入り冬季トレーニングも本格化。
小学生は競技場というきれいな環境ばかりの練習ではなく、
地形を使った練習や不規則な動きもしてほしいなと思い土曜日は
セーラの森公園でのトレーニングにしています。

陸上競技というのは動きというのは単調なようで「奥が深い」色んな部位を使って走ったり
する反面、特化しすぎているので複雑な動きが苦手な人が多い。

私自身も最初から陸上をしていたわけではなく、中学時代は卓球をしていました。
そこでは左右の動きや重心を下げる動き、動体視力・・・・(一番回転の多い球技)を培ってきました。

子供たちにはいろんな動きを小さなころから取り入れて走りにつなげてほしいと考えています。
単純に小学生は楽しそうだからそれでいいのか・・・と思いますが。(笑)

中学生は昨日はサーキットトレーニングと呼ばれる筋トレ・走る・跳ぶなど全身運動のトレーニングで筋肉痛が残る中 トレーニングを行いました。臀筋をせめたので、今日も股関節周りのトレーニングをしたので筋肉痛は必至。笑

故障する前に練習を控え、別の部位を鍛えてその間に回復を促す。

トレーニングは無数にありますが、どこかが痛くなるという体のサインを無視して同じ練習を続けていると結果として故障して伸びなくなります。

多くのバランスの上に成り立つトレーニング。

いろんなバランスを大切にしながらできる練習を行い若い内に短所をある程度潰しておく。

今はじっくりそういう事ができる時間だと思います。

体力がつけば技術がいきる!

あとは「聞く力」(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。