きちんと課題を持つ

沖縄県では6月20日まで緊急事態宣言が発令されてきます。

各市町村での体育施設の管理(対応)は異なりますが、県民への負担は大きなものになってますね。

全国的にもそうですが、外食産業は凄く大変そう。稼ぎ時のディナーの時間帯を営業するなと言われてるわけですからね⤵︎営業すれば名前公表と罰則…。何が正か難しいですよね。稼がないと自分や雇用している人たちが食べていけない現実があり。

スポーツは小学生〜プロまで無観客試合がベースとなって何とか開催されている。そんな状況。

スポーツにも様々な種類があって、陸上は比較的接触が少なく練習できる環境にあります。

限られた環境、限られた時間の中でできる事をやる。

小さな事でも継続することで力になる。

真剣であれば今できない動きも、ライバルとの差もきっと埋まると信じて取り組んでいくしかありません。

小学生、中学生と与えられている目標や課題は勿論違いますし狙うべきレベルも違います。

短い時間に集中して動く。

小さな事でも一つずつできるように努力しながら、自分の中で一つでもこうなりたいという目標を持って成長していって欲しいな−と思います。

 

GROWTHとしても小さな事から、力になれるように真剣に向かい合っていきます。

子供であり、アスリート

1人1人がアスリートという自覚を持ちながら成長する事を願い、日々活動していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

中学生はきちんと動きを理解しながら基礎体力を高めていくというワンランク上へのチャレンジ。