コンディショニングの大切さ

どんなに強い選手でも身体のコンディションは整えていかなければ怪我してしまいます。
トレーニングするのと同じくらい体調や筋肉の状態を知りケアしていくことが長く競技を
続けていく上で大切ですし、記録を出していく上でも大切です。

陸上競技においては特に筋肉の状態やキレがなければそのまま記録(数字)として出て
しまいます。

マッサージや鍼といった施術を受けた時に「あれ?意外と疲れているな?」と筋疲労や筋緊張を
触られて初めて感じるレベルで競技していると突発的な怪我に見舞われることがあります。

それくらいのコンディショニングの関心でトレーニングしていると
慢性疲労にも気づき辛いものです。

足底筋膜炎シンスプリントといった慢性的な疲労からくる故障というのは未然に防ぐことができます。

突発的な肉離れ筋断裂といった故障ですら、身体の状態と向き合っていれば防ぐことができます。

競技を本気で続けていく上では身体を知り身体の状態を追いかけていくことが大事なのです。

セルフケアすらも怠っているようでは故障の連続になるし、結果を出さないといけない局面で
全然力を発揮することができません。

ストレッチだけでは抜けない疲労もあるし、ストレッチしても筋肉が伸びないくらい疲労している場合、逆にストレッチすることで悪循環に陥る事さえあるでしょう。

種目の特性や個人の癖によって疲労しやすい部位は変わるでしょうが、自分の特徴を把握して対処していくという意味でもコンディショニングに神経を使うことがパフォーマンスを上げていく上でトレーニングと同等レベルで重要だと言えるでしょう。

 

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

残波ハイボール

残波ハイボール
価格:253円(税込)7 ポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。